スポンサーサイト

2013.12.11 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    中国語マスターの極意と中国語 勉強 独学の仕方

    2013.12.11 Wednesday

    0


      音声教材を聞いてもBGMのように頭から流れ落ちていき、単語を覚えようとしても次の日にはきれいに忘れてばかりいたとしても、
      日本語を話している最中に中国語がポロって出てくるほど、中国語の思考回路を頭の中に構築できる学習法がこちら



      彼自身は東京大学で大学院卒業まで学び、難関資格と呼ばれる資格を数多く取得している資格ホルダーでもあります。


      松平勝男さんがこれだけの実績を上げることができたのも、確かに、人よりも頭の回転が速いとか、記憶力が優れているからなんでしょうが、

      彼自身が認めているように、こうした能力は後天的に備わったものです。





      つまり、誰だって頭の回転の速さや記憶力なんて高めることができるもので、実際に、松平勝男さんの発表したノウハウに従って勉強をした人も、

      次々と難関資格に合格を果たしていたり、難関大学の試験を突破するといった結果を出しています。


      語学に関して言えば、海外に行くと、きちんとした教育を受けていない人でも現地の言葉を使ってスムーズにコミュニケーションが取れているように、頭の良さとかは一切関係がありません。


      6年間も学んできた英語ですら話せるようにならなかったのは、単純に「勉強のやり方」がまずかっただけで、

      語学を覚えるために特化した特別な勉強法を実践していけば、わずかな時間でぐんぐんと会話力が備わっていくものです。


      松平勝男さんの中国語マスターの極意では、実践を重視していて、とにかく現場で使えるノウハウを身に着けていきます。



      私たちは、机に縛り付けられるような勉強をさせられてきたため、どうしても頭で考えてコミュニケーションをとりがちですが、

      普段使い慣れている日本語でのやり取りを思い出すと、頭を使って言葉をひねり出すのは、就職面接とか、初対面の人と話すときとか、よっぽど大事場面くらいじゃないかと思います。


      たとえば、サッカーのドリブルを初めて教わるとして、教科書を見ても「ボールを蹴る位置はボールのここ」とか「足の角度はこう」「上半身はこう」みたいなことは書いていないですし、

      逆に、そこまで詳しく解説されていたとしても、その通りに体を動かすのは至難の業になるでしょう。


      中国語を話すにしても、頭でっかちになってしまうと、実際の会話になると頭が混乱するばかりで、思うように言葉が出てこないのは当然です。


      手っ取り早く中国語が話せるようになるには、最低限、覚えるべきことを覚え、あとは身に着けたことをスムースに扱えるように実践的なトレーニングをしていくことが重要となるわけです。


      松平勝男さんの中国語マスターの極意では、そういたノウハウが簡潔にまとめられていて、1日わずか15分という勉強量でも3か月くらいで日常会話に困らないくらいの中国語が話せるようになるわけです。



      中国語習得の最短ルートを歩んでいける松平勝男さんの中国語マスターの極意の「苦手意識を克服する簡単な方法」についてこちらでも詳しく紹介しています。




      小西浩文 ブログ
      24Days English 島田勝弘 口コミ・感想
      ファンキー末吉のブログ 中国語講座のネタバレレビュー



      スポンサーサイト

      2013.12.11 Wednesday

      0
        関連する記事